医療事務あれこれ

医療事務についてのあれやこれやを書いていきます!

関節穿刺と関節注射を同じ部位に同時に実施した場合(外来管理加算との組み合わせ)

J116 関節穿刺G010 関節腔内注射を同じ部位に同時に実施する場合がありますよね。

膝の関節液を抜いて、そのまま同じ所にヒアルロン酸を注射する時などです。

そういった場合にどのように算定すれば良いでしょうか?

 

 

まず関節穿刺と 関節腔内注射は同時に算定できない

J116 関節穿刺の通知に以下の様にあります。

関節穿刺を左右両側に行った場合は、それぞれ算定できるが、同一側の関節に対して、区分番号「D405」関節穿刺、区分番号「G010」関節腔内注射を同一日に行った場合は、主たるもののみ算定する

 

ここから同じ部位に同時(同一日)に実施した場合は「主たるもののみ」算定できることが分かります。

主たるものとは、点数の高い方ということです。

関節穿刺 関節腔内注射だと、点数の高い方をどちらか一つしか算定できないということになります。

  

 

では関節穿刺と 関節腔内注射の点数は?

・J116 関節穿刺100点

・G010 関節腔内注射80点

です。

100点80点だからJ116 関節穿刺で算定すれば良いのかと言うと、実は必ずしもそうとは限らないんです!

 

 

外来管理加算が算定できるかどうかが判断基準

ここからが今回のポイントです!

外来再診料の加算点数である外来管理加算が算定できる場合、大抵は関節腔内注射で算定した方が点数が高くなるんです。

これは、外来管理加算の点数が52点である事と、外来管理加算処置の関節穿刺とは同時に算定できないルールから導かれます。

 

 

具体的な計算式

(1)1か所にJ116 関節穿刺G010 関節腔内注射同時に実施した場合

関節腔内注射外来管理加算

80点+52点=132点

関節穿刺外来管理加算処置の関節穿刺とは同時に算定できない

100点

①>②となるので①で算定となります。

 

(2)2か所にそれぞれJ116 関節穿刺G010 関節腔内注射同時に実施した場合

関節腔内注射外来管理加算

80点×2+52点=212点

関節穿刺外来管理加算処置の関節穿刺とは同時に算定できない

100点×2=200点

 ①>②となるので①で算定となります。

 

(3)3か所以上の関節に対して関節穿刺 関節腔内注射同時に実施した場合、外来管理加算が算定できたとしても関節穿刺で算定した方が点数が高くなります。

しかし、そういった事はあまりないように思います。

 

念のため3か所でも計算してみます。

 

関節腔内注射外来管理加算

80点×3+52点=292点

関節穿刺外来管理加算処置の関節穿刺とは同時に算定できない

100点×3=300点

②>①となるので②で算定となります。

 

 

 使用薬剤の算定

関節穿刺 関節腔内注射のどちらで算定しても、ヒアルロン酸などの薬剤料については別に算定できます

うちでは関節穿刺で算定する時は処置薬剤として、関節腔内注射で算定する時は注射薬剤としてレセプトに記載しています。

 

 

まとめ

・J116 関節穿刺G010 関節腔内注射を同じ部位に同時に実施する際、外来管理加算が算定できるなら関節腔内注射で算定した方がほとんどの場合で点数が高くなる。

・入院や初診は外来管理加算が算定できないので、必ず関節穿刺で算定。

・外来の再診の場合に、どちらが点数が高くなるかを外来管理加算を含めて考慮する。