医療事務あれこれ

医療事務についてのあれやこれやを書いていきます!

労災で入院中に他医療機関を受診した場合の算定ルール

健康保険では入院中に他院を受診すると、入院基本料が減算されたり他院での算定に制限がありますよね。 しかし、労災保険ではこのルールが適用されないんです。 「医療関係質疑応答集の一部改定について」の13 入院基本料より Q12 入院中の患者の他医療機関…

定数超過入院(オーバーベッド)は「3か月を超えない期間の1割以内の一時的な変動」についての猶予ルールが適用されません。

定数超過入院(オーバーベッド)について勘違いをしていました。 平均在院日数や月平均夜勤時間数と同じように、「3か月を超えない期間の1割以内の一時的な変動」なら猶予されると思っていたんです。 頭の中でごっちゃになっていたので整理したいと思いま…

血液型検査〈ABO型、Rh(D)型〉が減点査定

術前検査として実施していた血液型検査〈ABO血液型とRh(D)血液型〉が減点になりました。 D011の1に区分されるABO血液型検査とRh(D)血液型検査はそれぞれ21点なので、合計で42点の減点です。 減点理由は過去にも当院で同じ患者に同じ血液型検査を…

下船後3月で入院した場合の食事代

船員保険の下船後3月で診療を受ける際に自己負担はないですよね。 下船後3月で入院となった場合も診療に対してはもちろん自己負担はないですが、食事代はどうなるかご存知ですか? これについて一般財団法人船員保険会のサイトに説明がありました。 入院時食…

指ごとに算定できる手術

手術の通則14・通知(4)に「指に係る同一手術野の範囲と算定方法について」記載があります。 ここを何回も読むんですけど難しい! まずはここにある指ごとに算定できる手術を整理したいと思います。 目次 同一手術野の通則 第1指から第5指までを別の手術…

退院時に在宅自己注射指導管理料は算定できる?算定できない?

退院時に在宅自己注射指導管理料は算定できます。 実際に退院時で算定して査定されたこともないんですが、初めて算定する時はすごく迷いました。 点数表に算定できないように読めてしまう部分があったからなんです。 迷いの原因となった部分 C101 在宅自…

在宅自己注射指導管理料の『導入初期加算』が減点

在宅自己注射指導管理料と導入初期加算を算定していたところ『導入初期加算』(580点)だけが減点になりました。 減点理由は同じ患者さんに対して、他院が4月前に当院と同一注射薬剤についての在宅自己注射指導管理料を算定していたからです。 簡単に言うと…

労災や自費(交通事故)で入院中に私病に対して特別食を提供する場合の算定方法

労災や自費(交通事故等)で入院中に私病の糖尿病等に対して特別食を提供する場合があります。 そういった場合に特別食加算の算定はどうすればいいでしょうか。 1.診療点数早見表 2016年4月版1387ページ・(平10.3.27 保険発43、老企9・庁保険発7)通知より…

退院時リハビリテーション指導料が減点査定

B006ー3 退院時リハビリテーション指導料が減点されてしまいました。 増減点事由は「D:前各号の外不適当又は不必要と認められるもの」。 具体的な減点理由は通知書に書いてないので、とりあえず算定要件やカルテを調べてみました。 算定要件を調べて分かっ…

選定療養となる180日を超える入院とは?(180日超え入院の計算方法)

同一傷病による通算対象入院料を算定する期間が、患者単位で通算して180日を超えると、入院基本料(通算対象入院料の基本点数)が85%相当の点数へ減点となります。残りの15%相当分は選定療養として患者さんの全額自己負担となり、病院は患者さんから自費で…

180日を超える入院(選定療養)に係る『通算対象入院料』とは?

通算対象入院料の算定期間は180日を超える入院(選定療養)に係るため、入院時に確認しなければならないですし、退院時にも退院証明書に記載しなければなりません。 この通算対象入院料とはどういったものなのでしょうか。 目次 通算対象入院料とは? どうい…

再入院時に入院起算日のリセット(初期加算等の算定)が出来るようになる場合

入院基本料には入院初期ほど加算(初期加算)が取れるものがありますよね。 例えば一般病棟だと入院から起算して14日以内の期間は1日につき450点が取れます。 こういった初期加算等は、再入院であっても入院起算日がリセットされる場合には再び算定が出来る…

平成29年8月から70歳以上の方は医療費自己負担の上限額が変わります(患者さん向けの説明資料あります)

平成29年8月から70歳以上の方は高額療養費の上限額が変わります。 これによって今までと所得が変わらなくても、医療費の自己負担が増える方がいらっしゃいます。 特に7月から8月にかけて入院される際は、7月と8月で自己負担額の計算方法が変わって自己負担が…

労災の入院基本料加算が減点(「入院の日から起算」と「入院期間に応じ」の違い)

労災には健保にはない独自の点数項目がありますよね。 そんな労災独自の入院基本料加算が減点査定されてしまいました。 減点の具体的な内容 労災の患者さんが3月1日に入院し3月10日に退院したのですが、同じ病名で4月20日に再入院となりました。 入院期間の…

超音波骨折治療法と介達牽引の同時算定

超音波骨折治療法に併せて行うと算定できない処置 K047-3 超音波骨折治療法(一連につき)の通知に次のようにあります。 (5) 本手術に併せて行った区分番号「J119」消炎鎮痛等処置、区分番号「J119-2」腰部又は胸部固定帯固定又は区分番号…

入院中の患者に対する診療情報提供料(Ⅰ)

入院中の患者さんについて診療情報を提供することがありますよね。 その場合に診療情報提供料(Ⅰ)の算定はどうなるか、まとめました。 ①自院に入院中の患者さんが他の医療機関を外来受診する場合 入院料等 通則 通知より 5 入院中の患者の他医療機関ヘの受…

傷病名コードにない病名が出てきた場合

Dr.がつけてくださった病名なんですが、そのままだと傷病名コードにないものがあります。 もしその病名と同じ意味で、名前が異なるだけの傷病名コードがある場合は、そちらに置き換えてます。 そういった傷病名コードで規定する傷病名と同一の傷病なのに、…

K037 腱縫合術の「固有指の伸筋腱の断裂の単なる縫合」とは? 

点数算定について労災の本にある説明で参考になったものは、骨内異物(挿入物を含む。)除去術以外でもありました。今回はK037 腱縫合術についての説明を紹介します。 (骨内異物(挿入物を含む。)除去術についてはこちら ↓ ) iryoujimuarekore.hatena…

骨内異物(挿入物を含む。)除去術の「簡単に除去し得る場合」とは? 創傷処置と創傷処理の違いは?

骨内異物(挿入物を含む。)除去術の通知に書いてあるこれが分からない! K048 骨内異物(挿入物を含む。)除去術の通知に以下のようにあります。 『(3) 鋼線、銀線等で簡単に除去し得る場合には、区分番号「J000」創傷処置、区分番号「K000」…

標準的算定日数の3分の1を超えてリハビリを実施している患者さんが要介護被保険者等になった場合

標準的算定日数の3分の1を超えてリハビリを実施している患者さんがいます。 その患者さんが介護保険の申請をされて要介護被保険者等になった時に、リハビリの算定をどうすれば良いかがずっと疑問でした。 目標設定等支援・管理料はいつから算定できるのか…

はてなブログ始めました

病院で医療事務として働いてる男性です。 男性の医療事務は女性と比べると少ないようです。 よろしくお願いします。